【俺得修学旅行】第3話 夜這いで3P(1)

勇太とルナ、一緒に歩いていると、いきなり、地元のヤンキー達が、ルナがちょっかいをかけてきた。

それにカチンと来たたルナは、なんとそのヤンキーの一人をボコボコに…


仲間をヤラれた他のヤンキーは黙っちゃいません、逆上して4人が束になって襲い掛かってきた。

4人対2人!

数的不利は明らか!

相手が殴りかかってくる!


あーもー絶対絶命ー…と思った刹那に、辺り一面に煙幕が広がった。
異臭と煙に包まれ、双方があっけに取られてるスキに、誰かが勇太とルナの手を引き、ヤンキーたちを撒いて、路地裏に逃げ込むことに成功する。


ピンチを救ってくれた人物は、星女三巨頭の一人、ロングの黒髪をなびかせた美女、尾形保奈美だった。

保奈美は、事件が大げさになると、学園の評判を落としかねず、来年に受験する大学の推薦が無くなってしまったら困ると思い、二人を助けたのだった。


ちなみに二人を救った、異臭の煙幕は、保奈美が化学部部長の腕前を駆使して開発した劇薬。

ルナは保奈美に、勇太に気づかれないよう、こっそり耳打ちをする…?!
保奈美はルナの頼みで勇太を旅館まで送ることになるのだが、なにか様子がおかしい?

 

 

 

顔を赤くし、もじもじする保奈美…



実は彼女、男子と話したことが一度もない、バリバリの処女だった。

秀才・尾形保奈美の今まで学ぶことができなかったけど、興味津々の禁断のテーマ『男子』!

 

 

(男子の秘密を解剖するチャンス!!)


勇太は、保奈美の人体実験のモルモットにされてしまうのか?!


保奈美の夜這い決行!!



↓続きはコチラ!↓↓↓

【コミなび純稿】俺得修学旅行3〜5話