【俺得修学旅行】第4話 夜這いで3P(2)

「クラスのみんな集まってますけど、行かないんスか。篠原さん!?」 

「行きたいけど…君を見張ってなきゃだもん」

 




勇太の姉・沙也加から、勇太の監視を頼まれてる、勇太の正体をただ一人知る、紗耶香の親友でもある、篠原佳織と同室していた。

 




消灯時間…布団に潜り込みウトウトする勇太。

…と、

 

 

ギシ…っギシ…っ

 



「…ん?」

「うわああっ!!」

夜中に何かを感じて、びっくりして飛び起き、部屋の灯りを点けると、そこには尾形保奈美がいるではないか?! 

 

 



保奈美の方も、

 



(しまった!一人じゃなかったの!?)

 と、篠原佳織と同室だったことが計算外で、驚き、咄嗟に篠原佳織に、持っていた「リケジョの媚薬」を飲ませてしまう。

 

 




「う…っ!う…ぅ」

 



「毒薬ではありません。ただ自分の意志とか無関係に女の子の『本体』が勝手にハッスルしちゃう薬です?」

 「な…なにコレッ。いやっ…あっ?」


保奈美が実験用に持ってきたこの「リケジョの媚薬」は、本人の意思とは関係なく淫乱化してしまう薬だった。

佳織はみるみる淫らになっていき、勇太の事を押し倒し、ジュニアにしゃぶりついてくる。

 大きくなってそそり立った男性のペニスを初めて見た、保奈美!

 



彼女の雌の本性が露わになっていく…

 

 

 




篠原佳織と同室していた。

 




消灯時間…布団に潜り込みウトウトする勇太。

…と、

 

 

ギシ…っギシ…っ

 



「…ん?」

「うわああっ!!」

夜中に何かを感じて、びっくりして飛び起き、部屋の灯りを点けると、そこには尾形保奈美がいるではないか?! 

 

 



保奈美の方も、

 



(しまった!一人じゃなかったの!?)

 と、篠原佳織と同室だったことが計算外で、驚き、咄嗟に篠原佳織に、持っていた「リケジョの媚薬」を飲ませてしまう。

 

 




「う…っ!う…ぅ」

 



「毒薬ではありません。ただ自分の意志とか無関係に女の子の『本体』が勝手にハッスルしちゃう薬です?」

 「な…なにコレッ。いやっ…あっ?」


保奈美が実験用に持ってきたこの「リケジョの媚薬」は、本人の意思とは関係なく淫乱化してしまう薬だった。

佳織はみるみる淫らになっていき、勇太の事を押し倒し、ジュニアにしゃぶりついてくる。

 大きくなってそそり立った男性のペニスを初めて見た、保奈美!

 



彼女の雌の本性が露わになっていく…

 

 

 




>>4話の続きはこちら!
残りの未公開部分を全部公開!


↓↓↓続きは、スマホで!↓↓↓
【コミなび純稿】俺得修学旅行3〜5話
" target="">>>4話の続きはこちら!
残りの未公開部分を全部公開!

↓↓↓続きは、スマホで!↓↓↓
【コミなび純稿】俺得修学旅行3〜5話