俺得修学旅行32話 『深夜のトイレに響き渡るルナ姉の…(1)』

【俺得修学旅行】スマホでコッソリ…無料立ち読み

人気の電子コミック【俺得修学旅行】スマホでコッソリ、無料立ち読みできちゃう情報をいろいろと集めてみました。

▼MENU

俺得修学旅行32話『深夜のトイレに響き渡るルナ姉の…』編

【俺得修学旅行~男は女装した俺だけ】32話 深夜のトイレに響き渡るルナ姉の…(1)あらすじ


▲画像をタップしてみてぇー!▲

大浴場で開廷中の裸の女だらけ(勇太1人だけ男だが…)の学園裁判。
勇太と篠山カメ子・生徒会処女組のメンバーの泡まみれのエロい尋問(?)をみせつけられた会場の星女生徒たちは、ムラムラとエッチな気分が伝染していく。
会場全体が、怪しくハレンチなムードに包まれる中、ルナ姉が会場に入廷してくる。
そして、このハレンチな現場を収拾できるのは、生徒会長の北条那由華しかいないと、彼女を促すルナ姉。
それに応えて、堂々と大声で会場全体に号令をかけ、その場の収拾を行った那由佳。



裁判の行方がおかしな方向へずれそうになったのを阻止した那由佳だったが、裁判長のキャッシー先生と、被告の勇太が湯あたりを起こしてダウンしてしまい、このまま裁判を続けるの無理と判断するのだが…。
修学旅行の最後の晩、皆が一同に介して話し合う良い機会かもしれないということで、キャッシー先生と勇太を別室に移し、残った女子達で学園裁判という名の裸の女子会を続けるのだった。

……

深夜。
勇太は、以前富士山らとバトルした旅館の救護室で目を覚ました。

オボちゃんからもらった薬の効能で、まだちょっと膨らんでる胸の乳首に痛みを感じながら、女子トイレで用を足していると、そこへ風呂あがりのルナ姉が入ってきた。

前髪をアップして結びカワイイおでこを出し、スッピンのルナ姉の可愛さに見惚れる勇太。
そんな勇太に、学園裁判の結果を伝えるルナ。

結局、勇太も姉沙也加も厳重注意としたものの大事には至らずお咎めなしとなったこと。
理由は、北条那由佳は、胸の膨らんだ男を見たことがない、だから、最初からこの旅行に男(勇太)は混じっていなかった。
伊賀沙也加が旅行に参加していたこととし、今まであったことは全て無かったことに、全て忘れて、普段の日常に戻るということに。

これまでのことはナニもなかった?!
全て、忘れるように?!

…て、それって、この旅行から帰ったら、ルナ姉にも会えなくなっちゃうってこと?!
そんなことはイヤだと駄々をこねる勇太。

そして、ルナの本心を確かめるべく、アソコをそっとまさぐると…




俺得修学旅行スマホ版32話
『深夜のトイレに響き渡るルナ姉の…』(1)
本編はコチラ!!
↓↓↓↓↓↓

▲無料立ち読みもできる!▲
>>>俺得修学旅行33話へ進む

<<<俺得修学旅行31話へ戻る

俺得修学旅行各話あらすじ・ネタバレ

メニュー