俺得修学旅行34話 憑依!?勇太が狐にとり憑かれて…(1)

【俺得修学旅行】スマホでコッソリ…無料立ち読み

人気の電子コミック【俺得修学旅行】スマホでコッソリ、無料立ち読みできちゃう情報をいろいろと集めてみました。

▼MENU

俺得修学旅行34話『憑依!?勇太が狐にとり憑かれて…(1)』編

俺得修学旅行34話 憑依!?勇太が狐にとり憑かれて…(1)あらすじ


▲画像をタップしてぇー!▲


深夜の旅館。
ルナのパンティーを握りしめたまま、女子トイレを飛び出したところを北条那由華、富士山翔子、篠山カメ子らに出くわしてしまった勇太。せっかく、先程の「学園裁判」では、この旅行で勇太が起こしたハレンチな行為を無かったこととしてお咎めなしとなったにも関わらず、今度は下着泥棒の疑いをかけられてしまう。那由華から、自分できっちりと責任を取るように釘を刺されれる勇太。


翌朝、修学旅行最終日、パワースポットとして有名な伏目稲荷大社を参拝して、帰路につくという日程。勇太は、勇太のお目付け役の篠原佳織と一緒に伏目稲荷大社で手を合わせ願をかけていると、隣で一緒に願をかけていた、生徒会処女組の1人で、漫画研究会所属、プロの漫画家志望の佐藤マイカと合流する。

三人で世間話をしながら、神社の参道を登ってると、不思議な事に皆とハグレて道に迷ってしまった。

なにかおかしい…っと、篠原さんが勇太の方を振り返ると、びっくり仰天!?

勇太の頭の上には▲の耳が立っていて、お尻にはふさふさの尾っぽが?!




俺得修学旅行スマホ版34話
『憑依!?勇太が狐にとり憑かれて…』(1)
本編はコチラ!!
↓↓↓↓↓↓

▲無料立ち読みもできる!▲
>>>俺得修学旅行35話へ進む

<<<俺得修学旅行33話へ戻る


俺得修学旅行各話あらすじ・ネタバレ

メニュー