俺得修学旅行44話 『アナタの「好き」は本気の本気?(1)』

【俺得修学旅行】スマホでコッソリ…無料立ち読み

人気の電子コミック【俺得修学旅行】スマホでコッソリ、無料立ち読みできちゃう情報をいろいろと集めてみました。

▼MENU

【俺得修学旅行~男は女装した俺だけ!!】44話『アナタの「好き」は本気の本気?』(1) 無料画像掲載 ネタバレ必至のあらすじ…

「夏目ルナを消去します!」

勇太ルナの関係にジェラシーを感じた、オボちゃん(尾形保奈美)は、おもわずそう叫びました。

そして、生徒会副会長の星咲カエデと2人で、とにかくルナと会って話し合うと、ルナと生徒会長の北条那由華が泊まっている旅館の離れの部屋に向かうのでした。

離れの部屋では、那由華がルナに勇太との関係について訊ねると、

「童貞、卒業させてやったんだ、ちょっと悪ノリでさ…」

と、ルナは、ちょっときまり悪そうに答えました。

那由華は、焦って、

「今の話は、聴かなかったことに…」

と、言いかけた時、

「それって、不純異性交遊ですよね」

と言って、襖が開き、星咲とオボちゃんが、怒鳴り込んできました。

って……、「夏目ルナを消去します!」と、興奮していたオボちゃんだったのですが、いざ、ルナと対峙すると口をパクパクと動かすだけで言葉が出てきません。

そんなオボちゃんにあいそを切らした星咲が、

「不純異性交遊の一番重い処遇は退学…って、知ってるわよね?」

と、ルナに迫まります。

すると那由華が、

「学園裁判で、旅行中に起こったすべてのことは不問に伏せるとキメたはず…」

とルナを援護する発言をします。

「不良をかばうの!、幼なじみだからって、特別扱いはゆるさない!、それでは、今までみんなであなたを支えてきた私たちはバカみたい…」

と、那由華への不信感を露わにした星咲カエデが、涙目になりながら訴えます。

そんな星咲をじっと見つめて、那由華は静かに語りだしました。

「学園祭版では、私の一存で全て解決としたのが、内心心苦しかった。

学園全体を平穏に納得させることはできたが、私の指示で[鹿や狐に噛まれてしまった]あなた達には、どう償おう?。

勇太くん事故をその解決に利用したのは、一片の遺恨も残さず、帰るまでが“修学旅行”だと思ったからだ。

夏目さんは私の大切な幼なじみ…、よく話し合って二度と問題を起こさぬよう約束してもらう。

そして星咲…、あなた達も生徒会を支えてくれる大切な仲間だ。」

と、星咲カエデの手をとって説いたのでした。

 

一方その時、広間では、ルナと那由華のキス現場を目撃した篠山カメ子が、逢坂心愛や佐藤まいからに、ルナと那由華は『百合』の関係なんじゃないか?と話していました。

カメ子は、那由華やルナと同じ、星の砂南女学園の中等部の出身で、2人の関係について何か他にも知っているようでした。

そんなカメ子に勇太は『仲直りチャレンジ』に彼女のスタンプをもらいにいくのですが、なにやら意味深に「気が向いたらね…」と断わられてしまいます。

そこに『巨頭会談』を終えた、那由華樣、オボちゃん、星咲カエデの三名が、みんなに発表があると広間にやってきました。

なんとその発表とは、勇太とオボちゃんが生徒会公認で正式に交際することになったという宣誓でした。

動揺する一同に対して、その経緯は、勇太が『好き』とオボちゃんに告白したことを尊重して下した宣誓であると説明する那由佳樣。

ただし、それは勇太が真当な人間に戻ってからという条件付きで、それまでは、オボちゃんが“飼い主(?)”として、勇太狐を責任持ってめんどうみると言うものだったのです。

まるでペットの犬のように『ラボ・おがた』の前の廊下に首輪を付けられ繋がれる勇太…。



そんな勇太の前に、

「あんたの『好き』を信用するほど…、特命調教部の私は甘くないから…」

紫の★型ニップレスで乳首をかくした、軟乳&母乳体質の星咲カエデが、得意の催眠術で勇太に迫るのでした…!?

大興奮の
俺得修学旅行スマホ版44話
アナタの「好き」は本気の本気?(1)
本編はコチラ!!
↓↓↓↓↓↓

▲バナーをタップしてー!▲

俺得修学旅行各話あらすじ・ネタバレ

メニュー